地域医療連携部門

退院調整・在宅療養支援

 入院前と比べて、ご自分で行えないことがあったり、退院しても治療が続くことや、医師からの説明を受けたがどうしたらよいか決められないなど、お悩み事を、入院された早い時期から、患者様、ご家族と一緒に考え、退院後心配ごとや社会資源の活用など支援をと整えるお手伝いをさせて頂いております。
 当院の受診・入院から退院あるいは外来治療の後を含め、患者さん御家族が住み慣れた場所で安全で質の高い医療・介護・保健・福祉サービスを継続して受けられるよう、地域の医療機関や在宅サービス事業所、保健所や行政との医療・介護・福祉の連携を図って患者さんを支援していけることを目指しています。
 患者さん・ご家族に専門の看護師や医療社会事業専門員がご相談に応じます。

入院サポート

 入院予定の患者さんには入院前から患者さんの抱える身体的・社会的・経済的問題などを速やかに把握し、関係する医師・看護師・医療福祉専門員・事務などの多職種の職員が一体となって、必要な医療が円滑に進められるようなサポートをしています。


(連絡先)独立行政法人国立病院機構東京病院 地域医療連携室
地域医療連携室
(直通)
TEL 042-491-2934(平日の8時30分〜17時15分まで)
FAX 042-491-2125(医療連携に係るFAX の送付先)
ページのトップへ