部門紹介

医療安全管理室

医療安全管理室

 東京病院の医療安全管理室は、医療安全室室長(医師)と専任の医療安全管理者(看護師長1名)で構成されています。各職場の医療安全推進担当者と協力し、施設内全般の安全な医療の提供のための活動を行っています。医療の質には安全な医療の推進が大きな柱となります。
具体的な活動としては、日々のヒヤリハット報告への対応や改善、安全な療養環境を提供するための環境整備、研修の実施等です。それらを通して良質な安全文化を築いています。

ページのトップへ