部門紹介

臨床検査科

 臨床検査科は大きく2つの部門に分けられます。
ひとつは血液や尿・喀痰などの検体を分析装置や顕微鏡を用いて検査を行う検体検査部門、もうひとつは、患者さんの身体の状態を波形や画像などへ情報化して検査する生体検査部門です。


 これらの検査は全て臨床検査技師が行っています。さらに細胞診検査や超音波検査においては専門の認定を受けた臨床検査技師が検査を行っています。

検体検査部門

 生化学・免疫血清検査・血液検査・一般検査・細菌検査(一般細菌・抗酸菌)・病理検査、輸血管理は診療棟2階で検査を行っております。

生化学・免疫血清・血液検査

 患者さんから採取した血液や尿などを各種自動分析装置を用いて、次のような検査を行っています。

  • 肝機能(AST、ALT、γ-GT、ALP、ビリルビンなど)
  • 腎機能(尿素窒素、クレアチニン、尿酸など)
  • 脂質検査(総コレステロール、中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロールなど)
  • 膵臓機能検査(アミラーゼなど)
  • 糖尿病関連検査(ヘモグロビンA1c、血糖など)
  • 電解質検査(ナトリウム、カリウム、クロールなど)
  • 感染症検査(B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIVなど)
  • 腫瘍マーカー(CEA、AFP、CA19-9など)
  • 甲状腺ホルモン検査(TSH、FT3、FT4など)
  • 末梢血液検査
    赤血球、白血球、血小板、などの細胞成分を計数測定して、貧血や白血病などの血液疾患を見い出す検査です。
  • 凝固系検査
    血液の中には、血液を固める(凝固)成分と、いったん固まった血液を溶かす(線溶)成分があります。この成分の働きを検査するのが凝固系検査です。
生化学・免疫血清・血液検査

一般検査(尿・便)

  • 尿一般検査(検尿)
    尿中のpH、比重、蛋白、糖、ケトン体、ビリルビン、ウロビリノーゲン、
    亜硝酸塩(細菌)、白血球、沈渣などがわかります。
  • 潜血検査(検便)
    便の中に血液がまじっているかどうかを見る検査です。
生化学・免疫血清・血液検査

細菌検査

 細菌検査は、提出された検査材料から感染症の原因となる病原微生物(主に細菌・真菌)の検出(培養・同定検査)と、治療に有効な薬剤を選択するために原因菌の抗生物質に対する感受性試験を行っています。また、耐性菌の動向などの情報をICT(感染制御チーム)に提供するなど院内感染の監視といった重要な業務を担っています。

  • 塗抹検査
    スライドグラスに検査材料を塗り、グラム染色などの染色をして顕微鏡で観察します。グラム染色は細胞壁の構造の違いにより、グラム陽性菌は紫色、グラム陰性菌は赤色に染め分けられます。起因菌の推定のほか炎症所見(白血球やフィブリン析出など)や治療の効果判定(菌の消失、フィラメント化・球状化・バジル形成など形態の変化)などを観察します。
  • 培養・同定検査
    検査材料や目的菌により、培地や培養条件(温度・時間)を選択し培養します。培養することで肉眼で観察できる塊(コロニー)を形成します。コロニーの形や色、性状など総合的に判断し同定します。抗酸菌や真菌など一部の菌種によっては発育が遅いものがあり、培養に数週間かかることがあります。
  • 薬剤感受性検査
    感染症の原因菌が分離された場合、ディスク拡散法や微量液体希釈法(MIC)により抗菌薬に対する菌の発育の有無を判定し、薬剤が効くかどうか検査しています。薬剤感受性検査は治療に有効と思われる薬剤を選択する参考になります。
  • 抗酸菌検査
    抗酸菌はグラム陽性桿菌で細胞壁は脂質に富み、いったん染色されると酸アルコールに脱色されにくい(抗酸性)性質があります。抗酸菌感染症には結核菌(Mycobacterium tuberculosis)による結核や非結核性抗酸菌(nontuberculosis mycobacteria,NTM)感染症があります。現在NTMはおよそ150菌種あり、このうちM. avium complex,MACとM. kansasiiによる感染症がNTM症全体の90%を占めまています。

    *塗抹検査:集菌法 (直接塗抹:迅速対応)
    *培養検査:液体培地(MGIT)、固形培地(小川)
    *薬剤感受性検査:MGIT抗酸菌システム、ウエルパック法
  • 抗酸菌遺伝子検査 :TRC法(Transcription Reverse transcription Concerted Reaction)
    喀痰など検査材料から核酸を抽出し、TRC反応により結核菌群やMACを検出する核酸増幅検査です。培養に比べ数時間で同定することができます。迅速検査として結核症の診断に役立ちます。
細菌検査

病理検査

 病理検査とは、身体の組織・細胞の一部を内視鏡検査や手術等で採取、処理した標本を認定病理医が、顕微鏡で観察し病理学的に診断をする部門です。また懸命な治療にもかかわらず亡くなられた患者さんの病因解明等のために、ご遺族の承諾のもとに病理解剖を行っています。

  • 組織診検査
    気管支鏡などの内視鏡検査で採取した肺、胃、腸などの小組織(3mm角程度)や手術により摘出された臓器などを処理し顕微鏡で観察できる標本を作成し、悪性(癌)か良性(炎症)または、感染症等の診断を形態学的に行います。結果報告は内視鏡検査などの小組織は2〜3日、手術摘出臓器は1〜2週間程度要します。
  • 細胞診検査
    喀痰や尿等に含まれる細胞や、組織検査の困難な臓器(肺末梢等)から針で穿刺したり、擦過して採取した細胞を処理して標本を作製し顕微鏡で観察し、悪性細胞の有無や感染症等の診断を行います。結果報告は2〜3日間程度です。
  • 術中迅速検査
    手術中に患者さんの臓器・腫瘍組織の一部を切除し、また胸水等迅速に標本を作製し診断結果を執刀医に報告する検査です。診断結果により手術方法の変更や手術範囲の決定が行われます。検査時間は15分程度です。
  • 病理解剖
    入院している患者さんが懸命な治療にもかかわらず、不幸にして亡くなられた場合、病気の原因解明などのため遺族の承諾のもと病理解剖を行います。

病理検査室

輸血管理

 けがや手術などで大量に出血してしまった時、また、白血病などの血液疾患で赤血球や血小板などを自分の体内で作れなくなった場合に輸血が必要になります。輸血管理室では、患者さんに安心して輸血療法が行えるように適正な血液製剤の保管・管理・輸血検査を行っています。

  • 血液型検査(ABO血液型、Rh(D)血液型)
  • 交差適合試験(患者さんの血液と、献血された供血者の血液との適合検査) 
  • 不規則性抗体検査(輸血や妊娠などによって作られる赤血球に対する抗体を検出し同定する)などがあります。

生体検査部門

 生理機能検査室は、診療棟1階:外来ブースの「受付4」にあります。
 ※注意:腹部超音波検査室が移設になりました。
すべての生理検査(腹部超音波検査も含む)は、「受付4」にてご案内をいたします。


 腹部超音波を含む全ての超音波検査は、再整備された外来ブース30番にて行います。


 食事が影響する検査(腹部超音波検査・ピロリ菌の尿素呼気検査)がありますので、
ご不明な点は検査室、看護師にお問い合わせください。

生理機能検査項目
心電図

注意点と検査内容

負荷心電図

注意点と検査内容

ホルター心電図

注意点と検査内容

聴力検査

注意点と検査内容

チンパノメトリー

注意点と検査内容

標準語音聴力

注意点と検査内容

終夜睡眠ポリグラフィー

注意点と検査内容

簡易睡眠ポリグラフィー

注意点と検査内容

骨密度

注意点と検査内容

呼吸機能検査

注意点と検査内容

薬物吸入呼吸機能検査

注意点と検査内容

脳波

注意点と検査内容

誘発筋電図

注意点と検査内容

尿素呼気試験

注意点と検査内容

腹部超音波

注意点と検査内容

心臓超音波

注意点と検査内容

頸動脈超音波

注意点と検査内容

乳腺超音波

注意点と検査内容

頸部・甲状腺超音波

注意点と検査内容

下肢静脈超音波

注意点と検査内容

生理機能検査受付


生理機能検査受付


生理機能検査受付

スタッフ

  • 木谷 匡志
  • (きたに まさし)
役職 臨床検査科長
卒業年次 平成19年
専門分野 病理診断
資格等 日本病理学会専門医
ひと言 呼吸器疾患を中心に病理学の観点から診療に従事しています。
ページのトップへ