部門紹介

耳鼻咽喉科

概要

 耳・鼻・のど・頸部の疾患を対象に、内科的治療から外科的治療までを行う外科系に属する診療科です。風邪や中耳炎、難聴、花粉症、めまい、扁桃炎といった一般的な病気から、音声障害、嚥下障害といった頭頚部の機能障害、さらには頭頚部癌といった専門的な治療を必要とする病気まで幅広い疾患を取り扱っています。また当科の領域には、聴覚・平衡感覚・嗅覚・味覚を司る耳・鼻・舌などの重要な感覚器や、食物を摂食・咀嚼・嚥下し、発声・構音するという機能に関与する口腔・咽頭・喉頭という運動器官、呼吸器官である鼻腔が含まれます。またホルモンを分泌する甲状腺や唾液腺である耳下腺,顎下腺も存在します。つまり、人間として生活していく上で必要不可欠な感覚器官・運動器官を有する領域を担当しています。

診療体制


  時間
初診 午前 田中
<予約のみ>
宇野
<予約のみ>
午後 田中
<予約のみ>
再診 午前 田中
<予約のみ>
宇野
<予約のみ>
午後 田中
<予約のみ>

診療内容

 耳・鼻・のど・頸部の疾患を対象に、保存的治療を主として取り組んでいます。初診時に、外科治療の可能性があると診断した場合には、手術が可能であり信頼のできる医療機関に御紹介することもあります。

  • 耳の病気
    症状として、耳痛・耳漏(みみだれ)・難聴・耳鳴・めまい・顔面神経麻痺(顔の動きが悪くなる)などがあります。急性中耳炎や難聴、めまい症と診断される症例がほとんどで、保存的治療を行いますが、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎などで、外科治療が必要となる症例もあります。
  • 鼻・副鼻腔の病気
    症状として、鼻閉(鼻づまり)・鼻汁・くしゃみ・嗅覚低下(においがしない)などがあります。鼻の病気では、アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎が主になります。慢性副鼻腔炎では、炎症が高度の場合、外科治療を検討したほうがよいこともあります。
  • 咽頭の病気
     症状として、咽頭痛・嚥下困難(飲み込みにくい)などがあります。咽頭の病気では、急性咽喉頭炎や、急性扁桃炎、慢性扁桃炎、咽喉頭異常感症が多いのですが、喫煙者やアルコール摂取の多いかたでは、悪性腫瘍の鑑別が重要になることもあります。
  • 喉頭の病気
     症状としては、嗄声(声がれ)・呼吸が苦しい・誤嚥(飲んだものが気管に入りむせる)などがあります。喉頭の病気では、当院では声帯委縮の診断となる症例が多いのですが、咽頭疾患と同じく、喫煙者やアルコール摂取の多いかたでは、悪性腫瘍の鑑別が重要になることもあります。
  • 頸部・顔面の病気
     頸部の病気の症状は、首や顔面の腫瘤(しこり)・腫れ・痛みなどがあります。頸部には、リンパ節のみならず、耳下腺や顎下腺のような唾液をつくる器官や、甲状腺のような体に必要なホルモンを産生する器官があり、さまざまな原因で症状を呈します。腫瘍性疾患の鑑別が重要です。
ページのトップへ