部門紹介

緩和ケア内科

概要

がん患者さんは、がん自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的な症状や、 落ち込み、悲しみなどの精神的な苦痛を経験します。「緩和ケア」は、 がんと診断されたときから行う、身体的・精神的な苦痛をやわらげるためのケアです。

診療体制

  時間
緩和ケア外来 午前 池田 三上 永井
午後 三上 池田

【通院外来(金曜日午後)】
当院外来通院中又は他院で診療中の患者さんで、緩和ケア外来通院を希望される方は
地域医療連携室(042−491−2934)までご相談ください。
なお、他院で診療中の患者さんは、診療情報提供書(紹介状)を持参のうえ受診してください。

【入院相談外来(火曜日、木曜日、金曜日)】

緩和ケア病棟への入院についてのご相談は、患者さんご本人とご家族の方が、診療情報提供書(紹介状)・X−Pフィルム等の画像情報と 『国立病院機構東京病院緩和ケア病棟入院申込確認書(医師用)』を持参のうえ受診してください。
なお、患者さんご本人の病状等により来院が困難である場合は、ご家族のみの受診も可能です。
受診を希望される方は、地域医療連携室(042−491−2934)までご相談ください。

緩和ケア病棟の治療方針について、ご説明させていただき入院申込される方は、同意書等の提出をお願いしております。入院判定会議における資料となります。
入院相談外来は、ご家族のみが受診された場合は面談料として、5,400円となります。
※病棟見学、休診のご確認は予約センター(TEL:042-491-2181)へお電話下さい。

緩和ケア病棟

概要

病床数20床に対して医師2名(専任2名)、看護師17名の体制をとっております。

入院される方が大切な時間をご家族とともに快適に過ごし、自分らしく生活して頂くための病棟です。
そのために皆様の抱えている身体や心の苦しみを和らげることができるように努めています。
がんなどによる痛みや、症状のコントロールが必要な方を対象にしています。
症状緩和を行って、安心して在宅療養へ移れるようになることを推進しております。

特徴

  • 当院では、がんとエイズの患者さんの緩和ケア診療を行っています。
  • がんの患者さんに対しては、痛みを中心とした症状のコントロール、心理面、社会面、霊的な面のケアを最優先としています。症状のコントロールに放射線治療が有用と思われる場合は積極的に適用しています。
  • エイズ患者さんに対しては以下の3項目を中心とするケアを行っています。
    (1)レスパイト・ケア:患者さんおよびケアをしている人たちに休息を与えるための一時的入院(短期)
    (2)リハビリテーション:日和見感染症等の急性期を経て回復期にある患者さんのリハビリのための入院
    (3)ターミナル・ケア:終末期の患者さんのための入院
  • ラウンジで行われる、季節のレクリエーション(節分、花見、節句、クリスマスなど)、前庭での園芸、武蔵野の面影を残した林の中での散歩、種々のリラクゼーションなど、患者さん中心のケアを行っています。
  • 病棟設備:食堂、ラウンジ、家族室2室(宿泊可能。無料。)、医療相談室、ボランティアルーム、エレベートバス(寝たまま入れるお風呂です)
  • 病室設備(トイレ、洗面台は共通)と室料
個室[10,800円(税込)/日] 2室 浴室、流し台、電動リモコンベッド、チェスト、応接セット、冷蔵庫、テレビ、電話
個室[10,260円(税込)/日] 3室 シャワー、電動リモコンベッド、収納庫、チェスト、応接セット、冷蔵庫、テレビ、電話、ベランダ
個室[7,560円(税込)/日] 5室 シャワー、電動リモコンベッド、チェスト、応接セット、冷蔵庫、テレビ、 電話、ベランダ
個室[ 無差額] 10室 電動リモコンベッド、簡易ロッカー、テレビ(別料金)、電話

病棟での生活

入院される皆様の生活パターンを尊重しています。
デイルームでのお茶会や、レクリエーションなどにより、充実した入院生活がおくれるようにスタッフ全員で工夫しています。
また、武蔵野の面影を残した庭を眺めたり、花や緑にふれながらすごすことができます。(外出・外泊も出来ます。御家族、ペットの面会時間の制限はありません。御自宅にいる気持ちで生活できるようお手伝いしております。)

緩和ケア病棟キッチン
緩和ケア病棟リビング

設備

全室個室になっております。
各個室は24時間冷暖房完備で、シャワー・ウォシュレット付トイレ・洗面所・テレビ・電話が設置されています。
食堂に簡単な調理ができる設備があります。
ご家族のために和・洋室の家族室があり、いつでも利用することができます。

見学

事前の予約(平日の日中)が必要であり、対応は平日の日中となります。

緩和ケア病棟個室
緩和ケア病棟エントランスガーデン

入院について

全室個室になっております。
患者さんが御自分の病名と症状を知っていることと、緩和ケア病棟への入院を希望していることを原則としています。
予約するためには、患者さんご本人とご家族の方が、診療情報提供書(紹介状)を必ず持参のうえ緩和ケア外来を受診してください。 (可能であればX−Pフィルム等の画像情報もお持ちください。)
なお、患者さんご本人の病状等により来院が困難である場合は、ご家族のみの受診も可能です。
一般病棟と同様に医療保険が適用されます。

緩和ケア病棟ガーデン

緩和ケアチーム

  • 緩和ケアチーム

当院には、医師、認定看護師、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカー等の多職種で編成された緩和ケアチームがございます。がん患者さんとご家族の方の身体的、精神的苦痛の緩和を担当医と協力しながら行っています。


  • 緩和ケアチームの対象となる方

がん患者さんとそのご家族です。


  • 緩和ケアチームによる診療方法

各診療科の医師から依頼を受けた方への診療を行っています。
担当医からの連絡を受けた後、緩和ケアチームメンバーが病室・外来等へ伺い、患者様やご家族のお話を聞きながら、痛みなどの身体の苦痛を和らげるための薬の使い方、うつ気分や不安のような心の苦痛を和らげる方法などを担当医・看護師へ提案します。提案内容実施の決定は、担当医・病棟看護師が行います。


  • 緩和ケアチームの診療を受けるには?

御希望の際は、担当医、もしくは看護師へお伝えください。


スタッフ

  • 永井 英明
  • (ながい ひであき)
役職 統括診療部長
卒業年次 昭和55年 東京医科歯科大学卒
専門分野 呼吸器一般、肺抗酸菌症、感染症、緩和ケア
資格等 医学博士
一般社団法人日本感染症学会 感染症専門医
一般社団法人日本感染症学会 感染症指導医
一般社団法人日本呼吸器学会 呼吸器専門医
一般社団法人日本呼吸器学会 呼吸器指導医
特定非営利活動法人日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医
特定非営利活動法人日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡指導医
一般社団法人日本結核病学会 結核・抗酸菌症指導医
一般社団法人日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医
一般社団法人日本内科学会 認定内科医
一般社団法人日本エイズ学会指導医
ICD制度協議会認定ICD(感染制御医)
身体障害者福祉法指定医
難病指定医
日本医師会認定産業医
ひと言 専門は呼吸器疾患一般、感染症、緩和ケアです。私が最も大切にしていることは、患者さんのお話をできるだけ丁寧に聞くことです。それは患者さんの抱えた病気だけをみるのではなく、病気を抱えた患者さんをみるということにつながります。患者さんとご家族と一緒に考えて、方針を決めるということを心がけています。ぜひ私たちの施設を利用して、病気とじょうずにつきあってください。
  • 三上 明彦
  • (みかみ あきひこ)
役職 緩和ケア科医長(放射線診療センター部長)
卒業年次 昭和54年 日本大学卒
専門分野 放射線治療、緩和ケア
資格等 公益社団法人日本医学放射線学会 放射線科専門医
公益社団法人日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
ひと言 がんになったとき、この先どうしようかという所から緩和ケアは始まります。そして完治が難しくなったとき、延命治療が辛いとき、緩和ケア病棟では症状の緩和を最優先に行っております。人生を楽に過ごせるように、どうぞいっしょに考えていきましょう。
  • 池田 みき
  • (いけだ みき)
役職 緩和ケア内科医長
専門分野 緩和ケア、呼吸器一般
資格等 一般社団法人日本内科学会 認定内科医
一般社団法人日本結核病学会 結核・抗酸菌症認定医
ひと言 患者様とご家族様と一緒に、大切な時間を苦痛なく、その方らしく過ごしていけるようお手伝いしていきたいと思います。緩和ケア病棟でも外来でも、お困りなこと、ご不安なこと、なんでもご相談にのりますので、遠慮なくお声かけ下さい。

緩和ケア研修会

  • 緩和ケア研修会とは

厚生労働省の「がん対策推進基本計画」(平成24年6月)では、がん診療に従事するすべての医師が緩和ケアに関する基本的な知識、技術を身につけることを大きな目標としています。

ページのトップへ