メニュー

国立病院機構 東京病院国立病院機構 東京病院

文字サイズ

色変更

外来診療予約センター

Tel.042-491-2181

呼吸器内科

概要

肺は、ひとの臓器の中でも特殊です。胎内で幾つかの段階を経て、出生後も青少年期まで発育しています。内臓であるものの、呼吸する度に気管-気管支-肺胞の気道で空気に接して外界に触れているため、環境に影響を受けやすい臓器です。また、他の内臓では心臓から駆出された血液がそれぞれ分散して環流するのに対して、肺では全身から戻って来る全ての血液が環流します。このため、体の内面的な影響も受けやすい臓器とも考えられています。以上より、肺はひとの健康を映し出す「鏡」とも考えられます。そのような肺には多様な疾患が起こります。気管-気管支-肺胞にかけて、感染症、腫瘍、炎症性疾患、循環障害、アレルギー性疾患、代謝性疾患、胸膜疾患、出血や外傷などが生じます。また、同じ疾患であっても、病態に応じて内科治療を要するものから外科治療を要するものまで経時的に速やかに対応を変化させる必要があります。さらに、呼吸不全では呼吸管理と全身管理の緻密な治療計画を要します。
当院では、2010年10月に呼吸器センターとして組織化されました。さらなる診療の充実をめざして、疾患別に腫瘍・感染症・びまん性肺疾患・COPD・肺循環喀血の5部門に大きく分け、各部門に責任者を置いて、責任者の指導の基、各部門一体となって様々な疾患に対応しています。さらに呼吸器内科を主体として、呼吸器外科・アレルギー科・放射線診療センター・リハビリ科・緩和ケア内科等との協力体制の基で診療にあたり、患者さんにとって今日最良の医療を提供します。また、24時間救急体制を敷いており常時急患を受け入れています。
あらゆる呼吸器疾患に対して専門的医療を提供するとともに、内科専門医制度の基幹施設として、多くの大学病院や総合病院の連携施設として研修医を受け入れて、呼吸器診療の専門医の育成にも努めています。
詳細は呼吸器センターの項をご参照下さい。

診療実績

  H26 H27 H28 H29 H30
一般呼吸器退院患者のべ総数 4069 3939 3680 3470 3442
死亡退院患者数 332 368 389 343 319
抗酸菌症 232 228 223 239 252
感染症(抗酸菌以外) 823 869 758 757 702
悪性腫瘍 1845 1728 1519 1361 1363
びまん性肺疾患 278 253 284 248 211
気道疾患 148 172 154 144 175
アレルギー疾患 99 120 141 116 134
呼吸不全 91 173 182 177 166
その他 553 396 419 428 439

※分類

抗酸菌症 非結核性抗酸菌症
感染症(抗酸菌以外) 細菌性肺炎等の肺炎、膿胸、胸膜炎、アスペルギルスなど
悪性腫瘍 癌、腫瘍
びまん性肺疾患 間質性肺炎、過敏性肺炎、サルコイドーシスなど
気道疾患 気管支拡張症、気管支炎など
アレルギー疾患 気管支喘息、血管炎など
呼吸不全 慢性閉塞性肺疾患、肺気腫など
その他 心不全、熱中症など上記に含まれないもの
ページトップ