部門紹介

循環器内科

概要

狭心症、高血圧、不整脈、メタボリックシンドローム、下肢血管等の治療を行っております。
予約がなくても診察ができるように予約無外来担当医がおります。
カテーテル治療(PCI)、ペースメーカー埋込手術、心臓核医学検査、心臓超音波検査ができます。

診療体制

  • 初診受付:8時30分〜14時
    *診療科によって、診療を行っていない曜日、時間帯がありますので、詳しくは下記をご覧下さい
  • 再診受付:8時00分〜11時(診察券をお持ちでない方は8時30分から受付)

  時間
初診 午前 当番医 当番医 当番医 当番医 当番医
午後 当番医 当番医 当番医 当番医 当番医
再診 午前 小川
<予約のみ>
石橋
<予約のみ>
岡橋
<予約のみ>
青木
<予約のみ>
本間
<予約のみ>

診療内容

【検査】

  • 心電図
    安静時の心電図検査で、不整脈、心肥大、心筋梗塞などの診断を行います。
  • 運動負荷心電図
    階段の昇降をして前後で心電図を取り、労作性狭心症、無症候性心筋虚血の診断をします。
  • ホルター心電図
    24時間心電図記録し、診察室では再現できない不整脈や虚血性心疾患の診断をします。
  • X線検査
    胸部X線写真から、心拡大や肺のむくみを調べます。
  • 心臓冠動脈造影CT検査
    冠動脈の狭窄をみる検査です。静脈から造影剤を注射して10秒間息を止めて64列MDCTという装置で撮影します。外来で行える検査です。この検査で異常なしと診断されれば、冠動脈の狭窄はほぼ否定されます。狭窄が疑われた場合は、正確な診断には次の心臓カテーテル検査が必要になります。
  • 心臓カテーテル検査
    手首の動脈からカテーテルという細い管を心臓の近くまで挿入し、冠動脈の入り口から造影剤を注入し、冠動脈の異常を診断します。最短で3日間の入院が必要です。平成23年度は、年間144例実施しました。
  • 心臓超音波検査
    心臓の筋肉の動き、弁の機能をみる検査です。心臓の中の圧を推定することもできます。心不全の疑われる方、心雑音を指摘された方などが対象です。平成23年度は、年間2217例実施しました。
  • 心臓核医学検査
    心臓に取り込まれる放射能のついた薬を注射して、虚血性心疾患の診断を行う検査です。心臓の壁運動の評価もできます。

【治療】

  • 心臓カテーテル治療
    冠動脈の狭いところをカテーテルの先の風船で拡張して「ステント」とよばれる金属の鋳型を留置するカテーテル手術です。
    急性心筋梗塞や不安定狭心症などに緊急に行う場合と、心臓カテーテル検査で治療の必要があるとされた患者さんに待機的に行う場合があります。1 週間程度の入院が必要です。平成23年度は、年間38例実施しました。
  • ペースメーカー植込み手術
    脈拍が極端に遅い、ときどき心臓が停まってしまうといった徐脈性不整脈の患者さんに行う治療です。2週間程度の入院が必要です。平成23年度は年間5例実施しました。

【循環器専門治療のうち当院で行っていないもの】

カテーテル・アブレーション(カテーテルを使った不整脈治療)
心臓再同期療法(重症心不全に対するペースメーカーによる心不全治療)
植込み型除細動器(重症頻脈性不整脈に対する治療)
心臓外科手術

【専門外来(予約制)】

  • ペースメーカー外来
    ペースメーカー植込み後の患者さんを対象に電池残量のチェック、ペースメーカーの機能のチェックを行っています。

患者さんへ

【外来を受診される方へ】

なるべく、かかりつけ医の紹介状(診療情報提供書)をお持ちください。かかりつけ医より当院病診連携室に電話で予約を取ることができます。事前に予約をとりますと当日の待ち時間が少なくなります。
紹介状をお持ちでない場合、予約センターであらかじめ予約いただくか、平日午前中の8:30〜14:00に直接受付していただければ、診療を受けることができます。事前予約のない場合、当日の混み具合によりお待ちいただくことがあります。

※予約センター電話番号
042-491-2181(直通)
(受付時間 平日の8:30〜15:00まで)


【外来診療時間外の受診について】(緊急の場合に限ります)

  • 救急車を使わないで受診する場合
    平日11:00〜17:15
    病院に電話をかけていただき、循環器医師に問い合わせください。事情の許す限り診療いたします。 夜間17:15〜8:30と土日祝日複数の診療科医師が交替で当直しています。病院に電話をかけていただき、当直医とお 話しください。循環器内科以外の当直医、あるいは病状によっては、お受けできない場合もあります。 なお、夜間休日に診療、入院できなかった場合でも、平日昼間であれば診療、入院(転院を含む)に対応しますので ご連絡ください。
  • 救急車で受診を希望する場合
    救急隊から病状を聞いた上で対応可能な場合はお受けします。
    夜間休日は、上記のとおり、当直医対応となります。
  • 循環器内科外来診療へのご理解とご協力のお願い
    循環器内科は、限られた医師で多くの患者さんを診療しております。具合の悪い患者さん、診断、治療方針を決めるために 受診される患者さんをできるだけ円滑に診療したいと考えています。そのため、近隣の診療所と連携し、治療方針が決 まり、病状の安定した患者さんにつきましては、日常診療は診療所で行っていただき、必要な時に診療所より紹介いた だくようにご協力いただいております。これまでかかりつけ医がない場合でも当院と連携している診療所を紹介いたしますのでご安心ください。

診療所の先生へ

病院として病診連携の向上に取り組んでおります。緊急でない患者さんにつきましては、病診連携室にお電話、FAXして予約をお取りいただき、患者さんに診療情報提供書を持参していただくとスムーズに診療できます。なお、予約なしで診療情報提供書のみでも外来診療時間内であれば受付できます。その場合は混み具合により患者さんにお待ちいただくことがあります。
緊急時には、お電話で「循環器内科医師へ」と告げていただければ循環器医師が対応します。夜間休日は循環器内科医師が不在のため対応できない場合がありますことをご承知ください。

スタッフ

  • 青木 和浩
  • (あおき かずひろ)
役職 総合診療センター部長(循環器内科医長)
卒業年次 平成5年 大阪大学卒
専門分野 心臓CT・心臓カテーテル・冠動脈形成術
資格等 医学博士
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会専門医
日本医師会認定産業医
ひと言 循環器疾患全般を診察しております。また特に心臓CTによる虚血性心疾患の診断、その情報を基にしたカテーテル治療を専門にしております。心電図で異常を指摘された方、胸部症状のある方は是非ご相談ください。
  • 岡橋 典子
  • (おかはし のりこ)
役職 循環器内科医師
卒業年次 平成12年
専門分野 心臓超音波、弁膜症、心不全
資格等 医学博士
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定内科医
ひと言 心臓超音波、冠動脈CT、心臓MRI検査などの画像診断を最大限に生かし、心臓病の早期発見・目で見てわかる医療を提供できるように努めてまいります。生活習慣病をお持ちの方、動悸・息切れなどの症状をお持ちの方、まずは外来にてお気軽にご相談ください。
  • 小川 一矢
  • (おがわ かずや)
役職 循環器内科医師
卒業年次 平成17年
専門分野 心臓カテーテル
資格等 日本内科学会認定内科医、日本循環器学会専門医
ひと言 その患者さんにとって適切な医療が提供できるように心がけております。1人でも多くの方が笑顔でいられますように。よろしくお願いします。
  • 本間 仁乃
  • (ほんま ひろの)
役職 循環器内科医師
卒業年次 平成22年
専門分野 循環器内科一般
資格等 日本内科学会認定内科医、日本内科学会総合内科専門医
ひと言 H26年4月から勤務することになりました。分からないことも沢山ありますが、患者さんに寄り添った医療ができるように頑張りますので、よろしくお願いいたします。
  • 石橋 寛史
  • (いしばし ひろし)
役職 循環器内科医師
専門分野 循環器内科一般
資格等 日本内科学会認定内科医
ひと言 年々増加する高齢者の診療に関して、一役を担うことができれば幸いに存じます。

診療実績

2013 2014 2015
ICU入院患者数 11 13 20
急性心筋梗塞患者数 1 1 8
入院心不全患者数 69 141 194
心電図マスター負荷試験 682 961 931
ホルター心電図 623 919 813
経胸壁心エコー 2199 2818 2466
経食道心エコー 9 14 12
冠動脈造影検査 36 67 73
左心室造影件数   23 15
安静時心筋血流シンチ 3 4 33
運動負荷心筋血流シンチ 1 3 14
薬物負荷心筋血流シンチ 58 125 96
肺血流シンチ 66 12 93
冠動脈CT 61 159 154
大血管CT 38 42 85
緊急PCI   2 3
待期的PCI 12 16 17
AMI患者に対する緊急PCI   1 3
PTA(患者単位)   1 1
ペースメーカー植え込み
(新規)
1 9 7
ペースメーカー植え込み
(交換)
2 3 5

ページのトップへ