メニュー

国立病院機構 東京病院国立病院機構 東京病院

文字サイズ

色変更

外来診療予約センター

Tel.042-491-2181

消化器内科

概要

消化器系の臓器は、食道、胃、小腸(十二指腸含む)、大腸、肛門、肝臓、胆嚢、膵臓と多彩であり、各々の臓器に腫瘍や感染症、循環障害、アレルギー、外傷などに加え、消化器に特有な病態である消化性潰瘍、胆石、膵炎、腸閉塞など、多様な疾患が生じる。また、同じ疾患であっても、病態に応じて内科治療を要するものから外科治療を要するものまで経時的に速やかに対応を変化させる必要がある。特に、近年の内視鏡治療の進歩は、従来外科手術適応であった病態の低侵襲治療を可能とし、化学療法の進歩は、従来外科手術では治療困難な進んだ病態に対する治療効果を発揮している。
当院では、消化器内科と消化器外科が消化器センターとして組織化され、一人の患者に対する両診療科による共同診療がルーチン化された。更に、放射線科、病理検査科、薬剤部などを加えた合同カンファランスを毎週定期的に行うなど他部門との連携も強化し、特に集学的治療を必要とする癌患者の治療を中心に、消化器疾患に対するチーム医療体制を実践している。また、緩和医療のニーズが増大していることに対応し、緩和医療にも力を注いでいる。

ページトップ